男性女性

安全性を高めるために必要な自動制御システムを導入

自分のお店にあった業者

お店

店舗経営を始める際に、頭を悩ませる要素の一つが店舗デザインです。デザイン設計を行う際には、設計事務所を頼ることになるかと思います。事務所によって得意とするデザインが違いますし、実績も様々です。自店に合った設計をしてくれる所へ依頼すると良いでしょう。ちなみに、最近はアフタフォローがしっかりしている事務所の需要が高い傾向にあります。

Read More

節約のためにできること

模型

ビルの省エネを考えているならば、電気の消灯を心がけるなど、小さな積み重ねから始めることも大切です。また夏場は軽装での出勤を推奨するなど、社内の仕組みから見なおしてみるのも1つの手です。社員が軽装で出勤することで、夏場のエアコンの温度を高めに設定しても、快適に過ごしやすくなります。

Read More

化学工場での活用

女性

化学工場での制御方法

化学工場において、自動制御はなくてはならないものである。反応を適正に実施するためには、反応場の温度や圧力、流量などを適正に管理することが必要である。制御点数が非常に多く、省力化、少人数化などでコストダウンを図るため、自動制御できる機器が徐々に増やされてきた。これら制御機器はDCSなどの生産制御システムと組み合わせ、機器ごとに設定値、測定値、操作量を一元管理して反応場を制御することができる。制御においてはPID制御などのフィードバック制御、シーケンス制御などを行う。あらかじめこれらに必要となるデータを制御システムに組み込んでおくことで、その制御や工程作業を自動で進めることが可能となる。反応場に異常などが生じない限り、適正な設定さえ行えば人が介在することなく工程を進めることが可能となる。

制御システムの有効活用

自動制御は非常に有用であり、異常時の検知やその対応に活用することができる。常時監視することができる測定値に標準値や上限値、下限値などを警報点として設定することで、これらの範囲を外れた際に警報を出すことができる。早期段階で異常に気づき、適正に対処することで災害防止にも役立つ。また、複数の測定値を同時に把握することができるので、反応場全体の傾向として異常に気づきやすいという利点もある。化学工場においては、このような異常が暴走反応を引き起こすことがあり、過去にも重大な災害を引き起こしてきた。単に自動制御として省力化するだけでなく、その特長を有効活用して災害防止に役立てられることも自動制御システムのメリットである。

ちょっとしたことで違う

ウーマン

コスト削減は企業にとって重要ですから、カラーコピーは避けたり、電子化したりするのがおすすめです。中古の家具にするのも良いですし、サーバーを見直す、レンタルオフィスにするか事務所を購入するかでも、かなり違ってきます。

Read More